【まちづくりのハブとなるシェアハウスを立ち上げ!】医療介護塾・菅原さんがクラファンに挑戦


ワクセル(主宰:嶋村吉洋)コラボレーターであり、医療介護塾主宰の菅原和也さんが、大阪府寝屋川市の2つの課題「貧困化」「高齢化」を解決するために若人が集まるシェアハウスを立ち上げることを目的としたクラウドファンディングを開始しました。


菅原さんは、介護職員として現場で勤務をしながら、余暇時間を活用してオンラインコミュニティ運営、地域イベント企画・運営など多岐に渡り活動をされています。

今回、営業会社で勤務しながら、地元寝屋川市で何か「楽しいことをしたい!」との想いからシェアハウスの立ち上げを決意した吉岡さんとともにクラウドファンディングに挑戦されます。


クラウドファンディングの目的は、寝屋川市の2つの課題解決に取り組む若者が集まれる場所としてのシェアハウス【リバ邸WACOODO】を立ち上げること。

若者のバイタリティを少しでもまちづくりに向けようと、若者が集まるシェアハウス(WACOODO)と言う手段を使って考えれる場所と機会を提供します。


今回の活動が、持続可能な社会づくりや地域の活性化につながることを期待し、ワクセルは今後も菅原さんの活動に協力していきます。




▼菅原和也さん

プロフィール https://www.waccel.com/collaborator/sugawarakazuya

Twitter https://twitter.com/kazuya_sugachan

Facebook https://www.facebook.com/people/Kazuya-Sugawara/100008929031784

instagram https://www.instagram.com/kazuya_sugachan/