YANAGIMAN

YANAGIMAN

作曲家

出身:鹿児島県
沖縄(母)と奄美大島(父)のハーフです

<経歴>
鹿児島県鹿児島市の音楽プロデューサー、作曲家、編曲家、ベーシスト、である。ケツメイシ、FUNKY MONKEY BABYSを始めとする様々なアーティストのプロデュース、作曲、作詞、編曲を手がけている。マサチューセッツ州ボストン・バークリー音楽大学卒業。燦々ぬまづ大使(静岡県沼津市PR大使)。長浜ブランドアンバサダー(滋賀県長浜市PR大使)。奄美観光大使(鹿児島県奄美大島PR大使)。JOIN大使(一般社団法人 移住交流推進機構PR大使)。血液型はB型。35歳から東京に上京、遅咲きの成功者と言われている。

<代表作・主な実績>
『それでも信じてる』『ありがとう』FUNKY MONKEY BABYS
『LOVE LETTER』『make a secret』『DO THE MOTION』BoA
『バラード』『さくら』『トモダチ』『夏の思い出』『涙』ケツメイシ
『素直なまま』中島美嘉
『Lies』倖田來未
『FLOATIN’』『愛しすぎて』『STILL ECHO』CHEMISTRY
『1,2,3 for 5』『くれないの街』『見つめられない』『愛のシューティングスター』ゴスペラーズ
『俺たちの明日』『大地のシンフォニー』『starting over』『まぬけなJohnny』『FLYER』エレファントカシマシ
『One Time』『オメデトウ 』mihimaru GT
『勇者たち』加藤ミリヤ
『なんとかなるさ』NEWS
『Motherland』Crystal Kay
『遠くても 遠くても』『Sing a Song』Skoop On Somebody
『Love is… with KG』『さよならをキミに…feat.Spontania』『キミがおしえてくれた事feat.SEAMO』『ヒカリ』Tiara


─ 取り組んでいることを教えてください。

素敵な音楽をつくること。
YANAGIMANという作家名で活動しています。


─ お気に入りの場所はどこですか?

僕が気に入っている場所は自分のスタジオ。ここで音楽を作っています。
想像力だけでいろんなところに行けるどこでもドアのような場所です。
ここで悩んだり、めっちゃ舞い上がったり歌ったり演奏してたりします。


─ ワクセルメンバーのどんなところが面白いですか?

井口恵さんとクラウドファンディングのお仕事でご一緒したのですが、いろんなアイディアを出したり、周りに気を配ったりする所など、さすがだなぁと思いました。

他の方々もすごく感じが良く、いつも丁寧に僕に接してくださるので、ありがたいと感じでいます。


─ これだけは譲れないものを教えてください。

ハッピーな気持ちでいること。
これって大事なんですけどなかなかできないですね。でも、できるだけそういう気持ちになるような言葉を使っています。


─ これから目指したいことを教えてください。

全く想像しないような災害や流行病が発生した、そんな時にこそ、音楽はきっと役に立てると感じています。
もっともっと心に届くような、人を元気よくするような、ハッピーな気持ちに導くような、そんな音楽を作っていければと思っています。