冨田 愛

Tomita Ai

A irnatural オーナーセラピスト

出身  :神奈川県
特技  :小顔マッサージ
座右の銘:迷ったらワクワクを選ぶこと
​お気に入りの場所 :自宅のリビング
今はまっていること:睡眠の質を整えること

<経歴>
駒沢女子短期大学食物栄養科専攻。栄養士。RAS international認定ファシリテーター。
大手エステサロン17年勤務、2.5万人以上の女性カウンセリングと施術を行う。
現在は助産院での膣ケアを担当。


─ 取り組んでいることを教えてください。

今まで、2万人以上の女性の身体に触れる中でライフステージに寄り添ったケアが必要だと強く感じました。
2020年より「エアメソッド膣ケア」「エアメソッドバストケア」を考案し、トータルでケアができるケアリストを増やしたいと奮闘中です。


─ ワクセルの面白いところを教えてください。

​皆さん、パワフルでエネルギッシュ!
ここに、自分も!と思うだけでワクワクが止まりませんでした。


─ こだわりの仕事アイテムを教えてください。

ベネクスリカバリーウエアと光電子ウエア。
身体をとにかく冷やさず自立神経を整えるアイテムです。


─ これだけは譲れないものは?

お気に入りのお花屋さんで自分に花を買うこと


─ これから目指したいことを教えてください。

日本のフェミニンケア、デリケートゾーンケアをベーシックにしたい。

私達女性は、子宮に宿り膣から地球へ誕生します。
生まれてきた場所は、どこか年齢を重ねるにつれて蔑ろにされてきています。
生理が始まり、出産、子育てをしていく中で起こる様々なトラブル。
尿漏れ、臓器脱、セックスレス、更年期障害...
女性の身体はとても深刻です。

これらはケアをする事で予防できたり、自らの力で早期にケアできる事がわかりました。
セラピストが、寄り添えるケアはたくさんあります。
また、私達がデリケートゾーンケアをベーシックにする事で、未来の女の子達の悩みも減少すると考えます。
まだハードルが高いケアと思われがちなのですが、人生100年時代、健康で女性が輝ける未来である為に「未病ケア」として日本に必要だと感じています。