野末 岳宏

Nozue Takehiro

E-Z-ON株式会社 代表取締役/幸予感シツモニスト

出身  :大阪府大阪市
特技  :ささきいさおのモノマネでどんな歌でも歌えます。小学3年生以下の子どもたちにモテます。
座右の銘:人は進化する生き物である
​お気に入りの場所 :学校
今はまっていること:TVショッピング鑑賞(正確には子どものころから今も)

<経歴>
大学卒業後、メーカー系IT企業に入社。人事総務部(東京)へ配属。社員が活躍できる環境づくりを目指し、グループ5社統合による全国11ヶ所3500人の集約・移転、全社一丸採用活動、教育体系見直し等でPJリーダーを務める。
22年半勤務後、2011年に独立し、E-Z-ON株式会社を設立。
ひとり一人が活躍できる環境づくりのため活動中。高校・大学のキャリア支援、企業の新入社員など若手育成研修やSDGsボードゲーム、しつもん力向上セミナーなどの講座を開催。

■メディア関係
・KBS京都「勇さんのびわ湖バイタル研究所」~地域創生News~
・インターネットラジオ「楠田祐の人事アウトサイド・イン」第6回ゲスト
・fm GIG 夢かな東京ステーション「佐藤 みふゆのHappy World」
・Youtubeチャンネル「進路ミーティング・オンライン」~SDGsボードゲーム~

■登壇
・日経BP社主催 PBL(Project-Based Learning)ファシリテーター
 実施企業:KDDI株式会社、清水建設株式会社、カルソニックカンセイ株式会社、本田技研工業株式会社、株式会社グリーンハウス、日本精工株式会社、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社、横河電機株式会社、テルモ株式会社、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン合同会社株式会社サッポロドラッグストアー、株式会社マツオ


─ 取り組んでいることを教えてください。

SDGsの検定並びにSDGsボードゲームの普及とファシリテーター養成。
PBL(Project Based Leaning)や探求学習など、考える力を育む講座。
なんとかなると思える心の醸成。高校・大学生の就職支援など。


─ ワクセルの面白いところを教えてください。

​バブル時代の空気感。「できるかできないか」ではなく、「やるかやらないか」というスタンスの人が集まっていると思います。
懐古主義というわけではありませんが、あの頃の「どんなことでも出来る」を前提に、どうやったらそれが実現できるか?を考えていける、ワクワクする場所だと感じています。


─ こだわりの仕事アイテムを教えてください。

コーヒーとApple Watch Hermès


─ これだけは譲れないものは?

歌も講座もハートからハートへ。
魂込めて歌い上げる!


─ これから目指したいことを教えてください。

「幸予感」を高める活動。
人が幸せを感じるのは、幸せの真っ只中よりも、実は、おみくじで大吉が出た時などの「これから幸せがやってくる」という予感にひたっている時の方が多いんじゃないかなと思うのです。
そして幸せを運んでくるのは「自分」と「他者」と「神様」。
「自分」の理想の未来を描き、「他者」とのご縁を深めることで、「神様」がちょっぴり力を貸してくれる。
それを実現するサービスを手掛けていきたいと思います。