新倉 康明

Niikura Yasuaki

株式会社Zofuku代表取締役社長

出身  :千葉県
特技  :ボールを蹴ること
座右の銘:規矩作法 守り尽くして破るとも離るるとても本を忘るな
​お気に入りの場所 :代官山ヒルサイドテラス

<経歴>
早稲田大学商学部卒、同大学院商学研究科修了。在学期間中から、日本フットサルリーグ(Fリーグ)の選手として活動。
大学院修了後、スタートアップに入社、2019年に株式会社Zofukuを起業し、ブロックチェーンに特化したデータセンター事業を開始。2021年にフットサルの現役引退。

■代表作・主な実績
フットサルではAbemaTVで放映
ビジネスブロックチェーンEXPO2020冬に登壇
不動産経済研究所 不動産DXフォーラム2020 登壇


─ 取り組んでいることを教えてください。

ブロックチェーンが社会的に普及するよう、ブロックチェーンノードの販売やデータセンターの構築をしています。
中央集権的ではない、分散型のサービスや仕組みがあらゆる分野で使われる社会を、不動産とブロックチェーンという2つの視点から取り組んでいます。


─ ワクセルの面白いところを教えてください。

​さまざまな分野の方が参加しており、自然発生的に面白い化学反応が起きそうなところです。


─ こだわりの仕事アイテムを教えてください。

コーヒー


─ これだけは譲れないものは?

Bitcoinを売らないこと


─ これから目指したいことを教えてください。

ブロックチェーンと暗号資産を使って、特定の組織や企業に頼りすぎないサービスや暮らしを実現していきたい。
Webサービスが分散型に移り変わるだけでなく、人やモノが分散していくので、分散化時代に適した不動産取引や空間を提案したい。
まずは、ブロックチェーンノードを分散的に運用することで、新しい空間を作っていきたい。