根岸 大輔

Negishi Daisuke

シェアハウス管理人

出身  :群馬県
特技  :外国人と仲良くなること,バックパック,喋ること
座右の銘:迷ったらやる!!!
今はまっていること:サウナ、読書

<経歴>
【学生時代】高崎経済大学卒業。1年間ドイツへ交換留学。NPOで留学生と日本人学生の交流会を企画運営(日本、韓国、インドネシア)バックパックに目覚め29ヶ国を渡航。
その経験の中で様々な外国人と出会い様々な価値観に触れ、世界は広いと実感。

【社会人】新卒で営業や飲食店を経験。サラリーマンをするも、パワハラや給与の遅延などあり退職。
その後、嬬恋村で技能実習生と同じくキャベツの収穫のアルバイトをし、現在のシェアハウス管理人の声がかかり、外国人に寄り添うことにフォーカスして模索中。


─ 取り組んでいることを教えてください。

シェアハウスを通して、外国人の生活をよりよく、日本に来てよかったと笑顔で帰国できるようサポートをしています。外国人と日本人の交流会企画も進行中。
シェアハウスが様々な人の出会いの場となり、新たなものが生まれる「きっかけ」を作れたらと思っています。


─ ワクセルの面白いところを教えてください。

​ワクセルがなければ出会うことができなかった人と出会えること。
様々な人がいて多様性を感じること。


─ こだわりの仕事アイテムを教えてください。

週1回のサウナ


─ これだけは譲れないものは?

人とのふれあいの時間。
様々な人と出会うことで生まれることを大切にしたい。


─ これから目指したいことを教えてください。

日本人・外国人が共生し,共に歩みながら生きていける社会を作りたい。
帰国するときに「日本に来てよかった」と笑顔で帰ってもらえるように、雇用の機会や人との出会い、交流など外国人と日本社会を繋ぐ存在になりたい。