永松 茂久

Nagamatsu Shigehisa

株式会社人財育成JAPAN 代表取締役・永松義塾主宰・知覧ホタル館富屋食堂特任館長

出身:大分県中津市
今はまっていること:ツムツム

<経歴>
大分県中津市生まれ。
「一流の人材を集めるのではなく、いまいる人間を一流にする」というコンセプトのユニークな人材育成法には定評があり、全国で多くの講演、セミナーを実施。「人のあり方」を伝えるニューリーダーとして、多くの若者から圧倒的な支持を得ており、講演の累計動員数は40万人にのぼる。
経営、講演だけではなく執筆、人材育成、出版コンサルティング、ビジネスコーチング、イベント主催、映像編集、ブランディングプロデュースなど数々の事業を展開実業家である。
また、鹿児島県南九州市にある「知覧ホタル館 富屋食堂」の特任館長も務め「知覧フォーユー研修さくら祭り」など、自身が提唱する「フォーユー精神」を培う研修を行っている。
2019年4月、東京に自社のセミナールームである「麻布「翔」ルーム」をオープン。同時に、自身の実業・出版・講演の経験をベースにここから飛び立つ人たちのコーチングプログラム「NEXT」をスタート。

<代表作・主な実績>
■著書
『影響力』、『言葉は現実化する』、『人生に迷ったら知覧に行け』、『男の条件』、『心の壁の壊し方』(いずれも、きずな出版)、『いい男論』(クロスメディア・パブリッシング)、『黙っていても人がついてくる リーダーの条件』(KADOKAWA/中経出版)、『感動の条件』(KKロングセラーズ)、『図解 言葉は現実化する』、『図解 うまくいく人だけがやっている38の習慣』(いずれも、PHP研究所)、『人生に迷う君に送る24の手紙』(プレジデント社)、『人は話し方が9割』(すばる舎)など多数、累計発行部数は110万部以上。


─ いま取り組んでいることを教えてください。

出版システムの構築です。毎日、Zoomでミーティングをしています。


─ ワクセルメンバーのどんなところが面白いですか?

嶋村さんと初めて会ったとき、その求心力にびっくりしました。
周りに集まる人たちが駆け引きなく嶋村さんのことが大好きなことがストレートに伝わってくるのです。
その後、ワクセルのパーティーにご招待いただいたのですが、嶋村さんは人ところに留まることなく、まわりのワクセルの方々をいろんな人に紹介しつづけていました。
トップについてもふんぞり返ることなく、「どうすれば周りの人たちがよくなるのか?」を考えつづけていることが、嶋村さんの魅力の原点だと思います。


─ これから目指したいことを教えてください。

オンラインサロンのバーチャルタウン構想