三木 拓也

Miki Takuya

車いすテニスプレイヤー

出身  :島根県
特技  :風景写真
座右の銘:継続は力なり
​お気に入りの場所 :自宅のソファー
今はまっていること:DIY、英語学習、海外ドラマ

<経歴>
高校3年時に骨肉腫を発症し身障者になる。テニスコーチ・トレーナーへの道を諦め同じ境遇の人を助けられるのではないかと考え理学療法士を目指して神戸学院大学に入学。
同時に車いすテニスを始め、当時世界ランク1位の国枝慎吾選手との出会いをきっかけにパラリンピックの世界へ。
2年でロンドン2012の代表になるとダブルスでBEST8入り。続くリオデジャネイロ2016ではシングルス・BEST8、ダブルス・BEST4入りを果たす。
現在東京2020での金メダルと4大メジャータイトル獲得を目指し奮闘中。

■代表作・主な実績
・2020年12月/WOWOW【テニスフェスティバル】に出演
・2021年1月/BS日テレ【ストロングポイントクロス】出演
・2021年1月/テレビ東京【生きるを伝える】出演


─ 取り組んでいることを教えてください。

東京2020 での金メダル獲得・4大メジャー大会優勝と世界ランク1位を目指して奮闘しながら小中学生を対象に講演や体験会を行っています。


─ ワクセルの面白いところを教えてください。

​Visionにある「ワクワク」の定義にとても共感し改めて自分もそうありたいと思いました。
そしてそれを体現する様々なカテゴリーの個性的なCOLLABRATORの方々が集まって活動されているNEWSは活気に溢れており、読んでいるだけで文字通り「ワクワク」してきます!!


─ こだわりの仕事アイテムを教えてください。

PRINCEヘアバンドで試合モードに!


─ これだけは譲れないものは?

試合前のルーティン


─ これから目指したいことを教えてください。

まずは車いすテニスでパラリンピック金メダル・4大メジャー優勝・世界ランク1位になること。
またその経験を活かして、夢や目標設定の大切さ・困難な状況の乗り越え方等を伝えるような活動を通して社会貢献していきたい。