松本 典之

Matsumoto Noriyuki

Monosashidori.inc 代表取締役

出身  :東京都
特技  :ざつだんの生まれる場所づくり
座右の銘:失敗したらやり直せばいい
​お気に入りの場所 :鎌倉の海岸沿い
今はまっていること:暦ごとに季節の花屋を開いてくれる友人から影響を受けて、花を飾る機会が増えました

<経歴>
1982年生まれ。東京都新宿区出身。千葉育ち。品川区西大井にある事務所をDIYで店舗へ。

無料で店舗を提供するコミュニティストア「暮らしのものさし」の運営のほか、
各業界で活躍されている講師からコミュニケーションの育てかたを学べる「ざつだんの学園」を運営しています。

リフォーム業界で培った経験を活かして、依頼主に代わり、工事見積書の確認、現地での打ち合わせを作業代行する日本で唯一のリフォームアドバイザーとして全国で活動しています。


■代表作・主な実績
ハチ旅【生き方をDIYする拠点…LivingAnywhere Commons 八ヶ岳北杜のイベント「バンライフフェス」レポート】


─ 取り組んでいることを教えてください。

月額4,000円で、全国に暮らせる会員制コミュニティ「なまけものぐらし」を企画しています。
手を加えていない空き家をそのまま登録することで、空き家を持て余している物件主と、空き家を利活用したい会員をマッチングする話題の多拠点コミュニティです。月額制のコミュニティでは初となる空き家を商業利用できる仕組みを導入しました。
2021年5月8日より、CAMPFIREのクラウドファンディングにて会員募集が開始されます。


─ ワクセルの面白いところを教えてください。

​“人”に注目したコミュニティメディアとして興味を持ちました。
コミュニティ同士が越境して交流することに、自身は取り組んでいるため、掲げられているビジョンに、とても共感しました。
すべては「人」からというメッセージが大好きです。


─ こだわりの仕事アイテムを教えてください。

キャンドルアーティストが作ってくれる世界にひとつのオーダーキャンドル


─ これだけは譲れないものは?

拠りどころを求めている人を一人ぼっちにしないこと。


─ これから目指したいことを教えてください。

全国に眠っている空き家という資源の可能性に取り組み、リビングコストを抑えることで、誰もが住みたい地域に収入を得ながら暮らせる社会を実現したいと思っています。