古村 靖尚

Komura Yasunao

探偵(元警視庁刑事)

出身  :青森県
特技  :見分、聞込、検視‥これ位しかできんもんで。。
座右の銘:一隅を照らす。
​お気に入りの場所 :本屋さん
今はまっていること:和菓子。癌の手術後、お酒をやめたら甘党に。

<経歴>
青森県出身。東北福祉大学福祉心理学科卒業。牛丼店の店員を経て25歳の時警視庁巡査を拝命、青梅警察署警ら係東青梅派出所勤務を振り出しに、以後平成31年3月の定年退職まで、主に強行犯事件捜査、外国人事件捜査に従事。
刑事部捜査第一課、外事特別捜査隊(現組織犯罪対策第一課)、新宿警察署刑事課などで現場責任者として事件捜査の第一線に立ち続け、平成31年に定年退職。
年号が令和に改まったその年の5月東京都公安委員会に届け出を済ませ、事件相談古村事務所として私立探偵事務所を。
さらに令和2年2月行政書士資格を取得し、現在新宿一丁目にて探偵業、行政書士業の事務所を開設し、潜在する警察未満、訴訟未満の事件被害者等の相談と解決に必要な調査や手続きをサポートする仕事を行っている。

■主な実績
辛いこと、悲しい記憶、思い出す方もいらっしゃると思うので事件名等の従事実績は省略。
警視総監賞詞、同賞誉等の警視総監賞18回、刑事部長賞、公安部長賞等その他所属長賞、事件功労多数。
平成26年警視庁優秀職員。


─ 取り組んでいることを教えてください。

田舎の実家の片づけ。


─ ワクセルの面白いところを教えてください。

​吹けば飛ぶよな探偵事務所、ノーブランドでかつ老兵、こんな自分に声をかけられた『よくぞ』な感覚が一番面白いです。その感覚の弾力性、視野の広さに感心してます。


─ こだわりの仕事アイテムを教えてください。

万年筆。旧い先輩方への憧憬、郷愁かもです。


─ これだけは譲れないものは?

強いてあげればズボンの線。折り目ですかね。


─ これから目指したいことを教えてください。

事件被害は、災害や戦争のように突然やってきますが、発生範囲が狭い分(つまり個人的)苦悩を周囲と共有できない辛さがあると思います。
伝えたくてもきちんと伝えられなかった時、正確に証明できなかった時、「それでも」と思ったら相談を。
あなたの軍師役努めます。そんな想いから事務所を始めました。
事実の証明や抱えられたトラブルへの対応策等、自分がお手伝いすることで、心の平穏を取り戻す方が一人でも増えたならば幸いです。